インプット・アウトプットを理解して正しく行う方法

ブログ
インプットとアウトプットという言葉はよく聞くと思います。
インプットが情報を「取り入れること」とするならアウトプットは情報を「出す」ことです。
いくら情報をインプットしたとしてもそれをアウトプットできなければその情報は自分に定着したと言い難いです。
なのでこのアウトプットをいかにうまくできるかによってインプットがどれくらいできているかが変わってきます。
今回はそんなアウトプットを効率よくするために僕が参考にしている本に沿ってアウトプットの仕方を解説していきます。
スポンサーリンク

学びを結果に変えるアウトプット大全

まず今回ご紹介する本は「学びを結果に変えるアウトプット大全」という本です。
この本は日本で初めてアウトプットに特化した、アウトプットの決定版とも言える一冊になっています。
この本の著者である樺沢苑という方は精神科医であり作家です。
この方は10年連続で年2冊以上の本を出版し、メルマガを13年間連続で発行、動画を1500本以上アップという圧倒的な情報発信力を持っています。
一体どうしたらここまでの情報発信ができるのでしょうか、、、
そんな驚異的な人物が自分のノウハウをもとに解説したのがこの本です。
より詳しく知りたい方は本を手に取ってみてください。

アウトプットとインプット

まず当たり前ですがアウトプットをするためにはインプットしていかなければなりません。
そしてインプットした情報もアウトプットしていかなければ情報として自分に定着しません。
このようにアウトプット・インプットはどちらか片方だけしても効果は得られません

インプットの仕方

アウトプットの仕方を解説していく前にまずは僕自身が普段行なっているインプットをご紹介していきます。
僕が主に使っているのはこの3つです。
・Twitter
・ブロガーのブログを読む
・本を読む

Twitter

Twitterは情報をサッと取り入れたりリアルタイムな情報をゲットするという部分においてはとても優れています。
移動時間や隙間時間に幅広く今の情報を追えるのでいいですね。
しかしあまりたくさんの人をフォローしすぎて全てのツイートを追うというのは時間がもったいないなと思います。
暇な時間に見るのはいいですがインプットするという目的であれば情報を絞って得ることは重要です。
僕はインプット用のアカウントを別で作っているので情報を得るときはそのアカウントで必要な情報だけ得るようにしています。

ブロガーのコンテンツ

ブロガーの方は今トレンドのことや有益な情報を常に発信しているのでブログをやっていないという方でも見ることをお勧めします。
最近ではブログとSNSのつながりは当たり前になっているので気になるブロガーさんであればTwitterなど他のSNSもチェックしてみるといいと思います。
ブロガーの方のコンテンツで言えば僕はYouTube・Voicy・noteも活用しています。

本を読む

最後は本を読むことですが、正直僕はたくさん読んでいる方ではないので活用しているかと言えば微妙です、、、
本はまとまった時間がないと読み進めるのも難しいのですよね。
ですが本ほど情報が詰まったものもなかなかないと思うので活用したいです。(個人的願望)

インプットとアウトプットの黄金比は「3:7」

僕なりのインプットの仕方を紹介しました。
ではインプット・アウトプットをしていく中でそれぞれどのくらいの割合で行っていくのがいいのか
この本ではインプットとアウトプットの黄金比は「3:7」と書かれています。
ある研究において一般的にはこの逆の比率で行なっている人が多いみたいです。
しかし実際に結果を出している人の割合は「3:7」ということも研究によって分かっています。
もし自分もインプット・アウトプットを日々しているが思うように定着していないと思う方はこの比率を意識してやってみるといいかもしれません。

アウトプットの基本

アウトプットの基本は「話す」、「書く」、「行動する」です。

アウトプット ①話す

アウトプットの基本はまずは話すことから始めましょう。
なぜなら話すことが一番簡単だから。
自分が読んだことや聞いたことを誰かに話すことで記憶に定着させることができます。
そしてこのとき自分が感じたことや気づいたことを一緒に話すとより記憶に定着させることができます。

アウトプット ②書く

書くことは話すことよりも圧倒的に効果が得られやすいです。
今この文章を書いているのも僕自身のアウトプットです。
もっと言えばパソコンなどで文章を打つより実際にノートなどに書く方が長く記憶として定着するみたいです。
最近話題のSHOWROOM代表前田祐二さんの「メモの魔力」なんかはまさにアウトプットにはもってこいの方法じゃないかと思います。
気になるかたは読んでみてください

書く方法としてもっともお勧めはブログ

個人的に書く方法として一番おすすめなのはブログです
先ほども書きましたが僕自身今このブログに記事を書きながらアウトプットを行なっています。
そして今この記事を読まれている方はインプットしているということになりますね。
なので結論としてブログはインプット・アウトプットどちらをするにももってこいなのです。
ブログを記事を書くにはそれなりに情報を取り入れないと記事のネタがないですし文章を書くこともできません
なので必然的にいろんな情報をインプットすることになりますしブログを書くとなればその情報に加えて自分の考えや感想を書いていきます。
ぼく個人的にはブログというのはインプットとアウトプットのサイクルでできていると思っています。
もしブログが難しければTwitterでもいいと思います。
140字という制限の中でいかに要約してアウトプットできるか
これはアウトプットと同時に要約力や抽象化する力がつくと思います。

アウトプット ③行動すること

最後は行動すること。
この本の中で行動することは「読む」・「書く」以外の全てのことと捉えられています
読む・書くも行動することに入るんじゃないかなと思いますが、
僕なりに行動することをわかりやすく置き換えるのであれば試すこととか体験することなんじゃないかと思います。
これはインプットにもなり得るますね。
これをスポーツで例えましょう(馴染みがない方はすみません)
スポーツを習ったり、本やプロの動画で上手くなるコツを掴むことをインプットとするなら、
アウトプットは実際にそれを試してみることになると思います。

アウトプットは新たなインプットになり得る

インプットしたことを実際に試してみると、新たな発見があったりこうすればもっといいんじゃないかと思うことも出てくると思います。
それは新たに自分のインプットとして取り入れることができます。
そしてそれをまたアウトプットしていく
インプットとアウトプットはフィードバックしながら繰り返すことができるのです。
そしてこの繰り返すことが記憶の定着にも大きく繋がってきます。

情報を何度も使う

インプットによって得た情報は何度も使うことも重要視されます。
この本では「2週間に3回使った情報は長期記憶される」とあります。
逆にこれをしないと定着しにくいのです。
おそらくほとんどの人がこれなんじゃないかと思います。
定着したと
思ってもいつの間にか取り入れたことすら忘れてしまいますよね。
勉強で暗記するときもそうですが一回で記憶するというのはなかなかできません。

インプット・アウトプットのおすすめ方法

先ほども書きましたが僕がおすすめするのはやはりブログを書くこと
ブログを用意するのが難しいのであれば日記などでもいいかなと思います。
日記の方が毎日書きやすいですしね。
とにかくアウトプットする場を作ることが大事だなと思います。
そして今このブログを読んでインプットしているのであれば
これからアウトプットする場を作ることはアウトプットの行動することの1つと言えるでしょう。
もうその場があるという人はそこでこの記事を読んでのアウトプットをするというのがいいと思います。
そうすればインプット・アウトプットのサイクルというのも体験として自分の記憶に残るんじゃないかと思います。
そして個人的にはみなさんのアウトプットこの記事・ブログが広がると嬉しく思います。
ぜひ、今日からアウトプット始めてみましょう。
読んでいただきありがとうございました

コメント