漫画「バウンサー」あらすじ 解説 OUTとの繋がりは?

レビュー

漫画「バウンサー」あらすじ 解説 OUTとの繋がりは?

 

不良漫画「OUT」の作者で有名な、みずたまことさんが著者の「バウンサー」はご存知ですか?

OUTは読んだことあるけどバウンサーは読んだことがないという方結構いるとお思います。

ですが本当はこの二つの漫画を読んでこそみずたまこと作品の面白さがわかるのです。

今回はバウンサーの詳しいあらすじやOUTとの繋がりを解説します。

OUTの紹介はこちらの記事に書いています。

 

 

 

スポンサーリンク

バウンサーのあらすじ

 

バウンサーの主人公は獅子戸丈一郎(19)

高校を退学し中卒で働き出すも解雇されること26回

そんな彼がひょんな事から東京フィストという民間警備会社と出会います。

ここから物語は始まります。

この東京フィストを物語の中心に置き、警察関係・ヤクザ・暴力団・殺し屋など様々な裏社会が舞台となります。

OUTも割と裏社会よりな漫画ですがこのバウンサーはもっと本格的な社会の裏の物語ですね。

 

東京フィストという民間警備会社

 

主人公が後々入社するこの東京フィストという民間警備会社。

表向きには普通の民間警備会社ですが警察関係者からは天下りなどにより優遇措置を受けているという噂や警備業法上従事できないはずの人間も雇い入れているという噂もあり、周りからの評判はあまりよくありません。

そして実は公安警察の最上級極秘事項などの極秘情報を纏めた「Black fog record(通称、Bデータ)」を保有しており、このデータを狙う者も少なくないのです。なのでこの物語は東京フィストを中心に物語が展開していきます。

 

バウンサーの意味

 

漫画のタイトルである「バウンサー」という言葉ですが

主に弾く、警備員、用心棒という語源からつけられたものだと思われます。

漫画のないようにはピッタリのタイトルです。

漫画内ではセキュリティとして、警護対象を命に変えて絶対に守る・相手を弾き返すという人間を「バウンサー」と呼んでいます。

 

バウンサーの面白さ

 

バウンサーの面白さはOUTと似ている部分はありますが大きく分けて2つ

 

・本格的な体術や身のこなしを戦闘に取り入れて描かれている
・社会のよりブラックな部分のリアルさ

・本格的な体術や身のこなしを戦闘に取り入れて描かれている

 

東京フィストという民間警備会社は主にクラブなどの入場検査役や誰かしらの護衛などの業務があります。

その中で当然戦闘シーンというのは多々出てきます。

ただ基本的にそこには何かを守るという使命のもと動くためただ相手を倒す戦闘とは違うわけです。

要はどんなやり方であっても対象を守りぬくという使命

ここが普通の喧嘩漫画と違うところです。(流れの中で普通の戦闘も出てきます。)

相手をどう倒すかという技術もあればどう自分を守るか、この状況は何が得策なのかなど

あらゆる状況での戦闘シーンは読んでてワクワクするし非常に新鮮なものがあります。

ここがバウンサーの魅力の1つでしょう。

 

・社会のよりブラックな部分のリアルさ

 

東京フィストは民間警備会社ではありますが先程も書いたように公安警察の極秘情報「Bデータ」などを所持しているように何かしら裏の繋がりはあると思われます。

(まだこの辺は明らかになっていないので今後の展開として楽しみな部分の1つです。)

なので様々な裏の組織が登場しますし、物語において殺しは結構出てきます。

道具を使った戦闘もありますしその辺の裏の社会がリアルに表されている部分は魅力の1つでしょう。

 

OUTとの繋がり

 

同じ作者であるOUTとの繋がりですが、この2つの漫画は随所にその繋がりが見られます。

例えばキャラの繋がりでいうと、OUTの登場人物の叔父にあたる人がバウンサーで出てきます。

あとはバウンサーで天才の部類にいる人のことを「優害者」という表現で表すことがありますがその言葉がOUTにも意図的に書かれていたりします。

結構細かい部分もあるのでそれを探すのも1つの面白さです。

時系列的には漫画内のキャラの繋がり的に同じ軸で動いていると思います。

今後どんな繋がりが出てくるかも楽しみです。

 

まとめ

 

 

バウンサーは裏社会漫画として非常に人気で面白い作品です。

また同じ作者であるOUTとも繋がりがあるので同時に読むことでさらに面白さが増すと思います。

現在も連載中ですのでぜひこの機会に読んでみてください。

 

バウンサーの登場人物はこちらの記事にまとめてあります。

 

おまけ

 

最後におまけですが、

OUT・バウンサーに関してラッパーの般若さん、R-指定さんが語っている記事があったのでこちらも気になったらみてみてください

 

コメント