漫画OUTの登場人物まとめ  ※読まれてない方はネタバレ注意

漫画

漫画OUTの登場人物まとめ ※読まれてない方はネタバレ注意

 

今回は不良漫画の頂点と言っても過言ではないOUTの登場人物をまとめてみました。

紹介の都合上多少ネタバレを含むと思うのでまだ読んでない方はこちらの記事からどうぞ

 

 

最新刊解説記事はこちらです↓

 

スポンサーリンク

主人公 井口達也

 

人気漫画ドロップでお馴染みの「狛江の狂犬」と恐れられた実在した不良です。

OUTでは少年院出所後に地元を離れ西千葉の叔父叔母の家で更生生活を送ります。

現在保護委託中のためモメ事を起こすと少年院に逆戻りという中、7代目斬人副総長 安倍要との出会いをキッカケに刺激的な毎日を送ることになります。

 

7代目斬人主要メンバー

丹沢敦司

7代目斬人総長。

一見中性的な見た目だが喧嘩の実力はチートスペック

内と外を完全に割り切れる。そのため仲間に手を出す奴は誰であろうと許さない。

単車は下手なためチーム移動で単車はほぼ皆無。

個人的に不良漫画ではこういうポジションのキャラがいかに魅力的かでその漫画の面白さを左右すると言っても過言ではないと思っているので、その観点で見ればこの丹沢敦司はとても魅力的な存在で漫画自体が面白いのも頷ける。

 

安倍要

7代目斬人副総長。

井口達也が西千葉の暴走族に関わるきっかけになった人物。

作中では一番まともだと思われる。律儀な性格で他人に優しい。

井口達也とのタイマンで負けたが喧嘩の実力はトップクラス。

 

長嶋圭吾

 

7代目斬人特攻隊長。

普段は無口だが特攻隊長という存在をすごく理解していて仲間からの信頼は非常に厚い。

爆羅漢との代表戦では下原孝二とタイマンし、重傷を負いながらも特攻隊長としての存在意義を示した。

 

田口勝

7代目斬人特別遊撃隊隊長。

メンバー内でも群を抜く巨漢で圧倒的な攻撃力を誇るが仲間にも手を出してしまうなどトラブルメーカーな一面がある。

目黒修也とは保育園からの仲でずっとつるんでいる。

丹沢敦司は田口勝にとって自分を受け入れてくれた特別な存在。

井口達也とのタイマンでは僅差で敗北したが勝っていてもおかしくはなかった。

 

目黒修也

 

7代目斬人親衛隊隊長。

喧嘩の実力は相当なもので斬人の中で田口を上から抑えつけられるのは丹沢敦司か目黒修也だけと言われる程。

田口とは保育園からの仲でトラブルメーカーな田口を何かと気にかけている。

 

武藤将吾

7代目斬人メンバー。

世代で言えば7代目の1つ下の世代。

運動神経がずば抜けていて喧嘩のセンスも◯

爆羅漢との抗争では春川剣一郎と激闘の末、勝利。

個人的にこのタイマンは作中で1.2位を争う位好きな喧嘩なので要チェック。

 

軽部玄也

特別遊撃隊メンバー。

チャラい外見だが喧嘩の実力は高いらしい。

まだ喧嘩シーンは作中では出てきていません。

 

マヌク・カンドゥ・優希

斬人別働隊メンバー。

黒人とのハーフでバリバリの九州弁を使います。

軽部玄也と同じく喧嘩シーンはまだありません。

 

小ネタ:実はOUTの作者みずたまことの作品バウンサーに登場するキャラの親戚関係にあたる。この2つの漫画は舞台は異なりますが時系列が同じでちょくちょく繋がりがある部分が出てくるのでここも楽しみ方の1つです。

 

王劉昇(ワン)

7代目斬人準幹部であり丹沢敦司の別動部隊員。

丹沢敦司の指示で斬人内の裏の仕事もこなす。

 

藤田・マルコス・優勝(マルコ)

ワンと同じく7代目斬人準幹部であり丹沢敦司の別動部隊員。

丹沢敦司の指示で斬人内の裏の仕事もこなす。

なぜか歯ブラシをいつもくわえている。

 

狂乱鬼連合(元6代目斬人)主要メンバー

弦巻良樹

狂乱鬼総長であり元6代目斬人総長でもある。

丹沢敦司の策略により斬人を追放されるが斬人を取り戻すため元6代目メンバーと共に狂乱鬼を結成する。

カリスマ的な魅力を周囲に放っていて、喧嘩の実力は丹沢敦司と同じくチートスペック

まだ実際にやり合ってはいないのでどちらが強いのか今後の展開に注目。

 

楽崎海

狂乱鬼メンバーで元6代目斬人幹部。

喧嘩はできないが狂乱鬼の頭脳であることは間違いない。

狂乱鬼の成功はこの楽崎海にかかっているといっても過言ではない。

人心掌握術が優れていて、拳銃も扱える。

 

風間美鈴(フーリン)

狂乱鬼遊撃隊隊長であり、元6代目斬人幹部。

ゴルバッキーというぬいぐるみを常に持ち歩いていて見た目も女性だが喧嘩の実力はあると思われる。(長嶋圭吾を跳ね返すほど)

語尾ににゃんをつける。

 

角田一輝(イッカク)

狂乱鬼親衛隊隊長であり、元6代目斬人幹部。

211㎝90Kgの長身の持ち主で損傷中毒者(ダメージジャンキー)

作中では「オウ」という言葉しか発しない。

ニカクとは双子で兄にあたる。

 

角田瑛二(ニカク)

狂乱鬼特攻隊長であり、元6代目斬人幹部。

角田兄弟双子の弟で兄とは対照的に筋肉狂。(幼い頃の交通事故がキッカケ)

爆神蜘(ばくしんち)との代表戦では爆神蜘の総長ハルケンをワンパン

で倒すなど筋肉も伊達ではなく、作中の中でも強キャラ。

狂乱鬼の中で一番残虐非道と呼ばれている。

 

狂乱鬼連合(元6代目斬人以外のメンバー)

三浦祐也

狂乱鬼副総長であり、元阿修羅

狂乱鬼結成を機に阿修羅を抜けて狂乱鬼の副総長になる。

喧嘩は西千葉トップ5に入る実力者。

斬人の武藤と見た目が似ていて間違えやすいので注意。

 

春川剣一郎

狂乱鬼メンバーであり、元爆神蜘総長。

狂乱鬼との代表戦の末、ニカクに敗北しチーム毎狂乱鬼に吸収された。

対戦した相手の爪を集める趣味がある。

喧嘩は強いはずだがニカク、武藤に二連敗し今のところいいところなし。

 

大島良介

狂乱鬼メンバーであり、元阿修羅副総長。

狂乱鬼との代表戦ではイッカクに敗北。

 

爆羅漢

下原一雅

下原三兄弟の長兄にして爆羅漢総長。

喧嘩の実力はあったが丹沢敦司の前では全く歯が立たなかった。

この喧嘩で丹沢敦司がいかにチートスペックかを思い知らされる事になる。

感情が歪んでいる人間的にやばい奴。

敵キャラとしてはいい感じのキャラだったのでもう少し活躍を見たかったキャラの一人。

今後登場することはないと思うので少し残念。

 

下原孝二

 

下原三兄弟次男にして爆羅漢No.2

身長は2m近くある巨漢でバトルジャンキー。

しかし安倍要にも破れ、長嶋圭吾にも喧嘩としては負けてしまったため大物には勝てていない。

口元は兄の歪んだ愛情により切り裂かれている。

 

下原賢三

下原三兄弟三男にして爆羅漢NO.3

井口達也とのタイマンでは接戦の末、敗北したもののそのタイマンはまさに殺し合い。

喧嘩実力者の武藤に「俺にはあそこまでは無理です。」と言わせた。

爆羅漢解散後、新たに名無死というチームを作り何でも屋として関わっていく。

爆羅漢を裏で操っていたのは長兄ではなく実はこの下原賢三。

井口達也とのタイマン以来、喧嘩シーンはなく今後どう関わってくるのか非常に気になる。

 

阿修羅

火咲透

10代目阿修羅総長。3歳の娘がいる。

6代目斬人時代は友好関係にあったが現7代目が6代目を陥れたことにより微妙な関係に。

三浦が阿修羅を抜け狂乱鬼に加入したのは6代目がはめられてしまったことが原因であり、火咲自身も斬人7代目のことはよくは思ってないが、今後完全に斬人とは敵対関係になっていくかは分からない。

(名目上は友好関係はなくなったが以前から仲がよかったことは会話の中かからも察することができるため)

 

その他主要メンバー

今井啓二

斬人の人間ではないが安倍要に強く憧れている。

自称安倍組。いつもは井口達也や安倍要とつるんでいる。

 

皆川状介

5代目斬人総長

西千葉で最大最悪の抗争事件”狂命戦争”を引き起こした張本人。

誰から見ても最低のクズ野郎だったと作中では語られている。

そして元6代目斬人の手によってやられたが詳細はこれから判明してくると思われる。

この皆川状介の死によって元6代目斬人・現7代目斬人は敵対することになる。

 

皆川千紘

皆川状介の実の妹。

幼い時に父親が無理心中で火事を起こし祖父母と母親を亡くした過去を持つ。

そして兄の皆川状介が死んだ場所を今でもモメ事が起きないように巡回している。

 

喧嘩強さランキング

 

全員が戦っている訳ではないのでそれぞれの対戦成績を元にざっくりランク付けしてみました。

(同じランク内でも強さの差はあります。なのであくまでざっくりということをご了承ください。)

 

SSS  丹沢敦司 弦巻良樹
SS  井口達也 ニカク 目黒修也 田口勝 三浦
A        安倍要 下原賢三 長嶋圭吾 イッカク フーリン
B    武藤 下原孝二 ハルケン
C   大島良介

 

最初に紹介してキャラでランク付けに入っていないキャラは作中今の所主な戦闘シーンや参考にするシーンがないキャラです。(コミック16巻時点)

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

この他にもキャラは出てきますのであくまで主要キャラを紹介させていただきました。

どちらかというと既に読んでいる人向けなのでキャラが混乱してしまった時などぜひ活用してください。

 

※ストーリーが毎にキャラ紹介・ランク付けも随時更新していこうと思います
その他ご意見などあればぜひお待ちしています。
※画像は全て漫画「OUT」から引用

 

コメント